終わらない夢が見たい

ガンボウノカタマリ【@tamayura_no_koi】

朝ごはんを作ってほしいジャニーズ3選

久しぶりに○選記事書きます!

なんかすごく久しぶりだな…笑

朝ごはんを共に食べれるだけで幸せなのにさらにそれを作ってもらえるなんて!前世でどれだけ徳を積めばそんな人生送れるんでしょう!

 

 

 

 

神山智洋

包丁がまな板とぶつかる軽快な音に目が覚めます。「おはよー」とのそのそ布団からはい出て挨拶すると振り向いてニコって笑って「おはよぉ」って言うんだ。

「ほら、もう朝ごはん出来てんで。」って食卓につくよう促される。「最近、ちゃんとしたもん食べてないやろ?バランスよく食べなあかんで。」ありがとうおかん…!

神山くんのおかげでどんどんダメなオンナになるよ…体だけは健康になりそう。

本人は逆にその音で目覚めたいみたいな事言ってたけど、知らない←

 

 

 

 

坂本昌行

坂本くんは旦那さんかな。

朝ごはんは交代で作ろうっていう当番制。

だけど当番の日に寝坊しちゃってやばいやばいって起き出したらダイニングからいい匂いが。「おはよう」って顔を出したらやっぱりご飯ができていて。「ごめんね、」って謝ったら「疲れてた?」って特に攻めるでもなく笑顔で言ってほしい(願望)

明日はちゃんとやるから!って言ったらはいはいって笑いながら軽く頭を叩いてくれるんですよね?好き!(妄想)

 

 

 

 

 

松本潤

「ほら、起きろって」ってちょっと強めに起こされる朝。「無理、あと5分…」って駄々こねたら「朝ごはん出来てるんですけどー」って言われる。うぅー起きますー

食卓につけば「飲み物は?」って聞かれて注いでくれるし、好きなものばっかりの朝食メニューだし、なんだかとっても至れり尽くせりな対応を受ける。不思議に思いつつ全部食べて、準備して、家を出ようとしたら「無理すんなよ?」って声をかけられる。あー昨日の夜の悩み事言ったの覚えてたんだな心配してくれてるんだな、と嬉しいやら恥ずかしいやらで「はい…」って返事して家を出ます。

彼女のために尽くしてくれそうだよ。元気出してもらうために何でもしそう。

 

 

 

 

 

 

あんまり考えた事ない人選で難しかった、自分で選んでおきながら笑  

 

大倉忠義も考えたけど、大倉くんは彼女に朝食作らない主義っぽいよね(偏見)亀梨くんもお料理得意系ジャニだった記憶…

 

ジャニーズ×有川作品

有川作品について書くのはこれでラストです!たぶん!

 

前回まではジャニーズWESTで書いていたのですが今回はその番外編。

 

ジャニーズWESTで考えてたけど、このキャラクターはこの人に合うなぁ〜みたいなことを思いながら前回までの記事を書いていたのでその思いをぶつけますね。

 

 

 

 

・作品:軍事とオタクと彼(「ラブコメ今昔」収録)

    人物:森下光隆

 

これは平野紫耀くん!!ちょっと天然で母星本能くすぐるかわいさ満載の光隆。平野くんしかいないでしょこれ!小柄で童顔って言われると…あれ、西畑大吾くんかな?荷棚に重い荷物を持ち上げれるくらいの筋力…

あー悩みますね!

どっちがいいかな〜天然で母星本能くすぐるのは平野くん、小柄で童顔なのは西畑くんかな。

 

 

 

 

・作品:空の中

    人物:春名高巳

 

ちょっと女性的な優しさと小悪魔っぽさを兼ね揃えた高巳はぜひ安井謙太郎くんに!

高巳って誰だろうなぁ、誰に当てはまるかなぁと読む度に思っていたのですが安井くんを思い浮かべた時にすとん、と自分の中で落ちました。適任。

今手元に空の中ないんですけど(おい)代わりにクジラの彼に収録されている「ファイターパイロットの君」を読んでいます。これほんとに安井くんだから。

 

 

 

なんだかとっても短いですね…申し訳ない。

なにか思いついたら追記します。

最近追記しますばっかり言ってる。

ジャニーズWEST内ジャニオタを考えてみた

いつかどこかでジャニーズWESTTwitterやったら、とか中間担重岡&中間担桐山、みたいなのを見た記憶がある…


いつどこで誰が書いたものかさっぱり記憶にないのが悔しいところですが…
誰かこれじゃない?って文献があったら教えてください。



さて、本題です。
ジャニーズWESTってグループ内にファンってかオタクいすぎじゃない?
そんなことを考えたら妄想が膨らんだ。

仲良しを通り越して仲良すぎるジャニーズWESTさん。
もう各自担当じゃない、みたいな人とかいるので偏見だらけで書いてみます笑

Twitterやってる設定で。
技術がないので画像は作れませんでした!誰か作ってください!(他力本願)




重岡大毅:担当→中間、副担→濵田
・貶し愛
キチガイキャラ
・公式マーク付アイコン
・常にじゅwwwんwwwたwwwみたいな テンション
・文句を言いつつなんだかんだデレデレ
・口には出さないものの同担拒否気味
・自担の事故画が大好物
・タグめっちゃ使う、タグめっちゃ作る
・カンペうちわ持って参戦☆




桐山照史:担当→中間
・基本的に落ち着いてる
・しかし自担の新情報で急に発狂
・常に自担にデレデレ
・自担の発言は一言一句、胸に刻む
・若干、愛が重い
・正確なレポ(自担レポ多め)




中間淳太:担当→藤井
・考察系オタ
・辛口だけどなんだかんだ言って自担に甘い
・細部までこだわった自担との妄想を繰り広げる
・好きなコンビはりゅかみ
・早くて正確なレポが得意




神山智洋:虹色ジャス民
・CHO-平和主義
・みんな違ってみんないいがモットー
・黄色よりの虹色eighter(掛け持ち)
・とりあえずグループ感が好き
・ハンドメイドよくする
・コンサート当日はネイルまでばっちり決める意識高い




藤井流星:担当→神山
・甘い、とりあえず甘い
・貶しているように聞こえる発言が多いが結局「かわいい」しか言わない
・語彙力ほぼなし
・自担がかわいければそれでいい
・最近、緑の先輩も掛け持ちしてる




小瀧望:担当→濵田
・絶対ふわふわ系
・たぁクンゎのんのものゃから˙˚ʚ♡ɞ˚˙
・同担拒否
・万年自担dr期
・自担と自分の合成アイコン
・参戦歴とファンサはプロフに記載がキホン
・JUMPの別垢所持






こんなもんですかね…
ごめんなさい、濵田くんは思いつかなかったー!

誰担って感じしないもんね。
しいていうならB.A.D担?



考えるといろいろ浮かんできて楽しいです。思いついたら追記しますね笑



※ジャニーズ×有川作品番外編予定してたのにすみません!次は書きます!

ジャニーズWESTで有川浩作品(弟組編)

遅くなりましたが予告通り弟組4人×有川作品のほうにいっちゃいまーす!!

 

兄組編はこちら 

 

 

 

 

重岡大毅

・作品:植物図鑑

    人物:日下部樹

・作品:ダンディ・ライオン(「ラブコメ今昔」収録)

    人物:吉敷一馬

 

植物図鑑は説明は特にいらないですかね…(めんどくさいからじゃないですよ!決して!)

イツキはこたしげのどっちかだなぁと思うんですけど、サヤカがイツキのバイト先に行ってイツキが怒るシーンを重岡くんにやってもらいたいんですよ!!

 

ダンディ・ライオン〜またはラブコメ今昔イマドキ編、ここまでが正式名称です。

物語は防大出の三尉、矢部千尋と一枚の写真の出会いから始まります。その写真に惹かれた千尋はカメラマンの「吉敷一馬二曹」を覚えます。叩き上げならおじさんかな、などというイメージを持ちながら名前を覚える千尋。次にその名前と出会ったのは写真コンテストの発表ページ。ひと目で吉敷二曹だとわかった千尋。彼が自分よりたった三つ上だということも判明します。どんな人だろうと千尋の興味は募り…

作品紹介難しいなぁ笑 このお話は千尋と一馬二人の視点を行ったり来たりするお話なのでまとめるのが難しい!文才がほしいなぁ…

さてさてどんなところが重岡くんかと言いますと、この吉敷二曹、とっても不器用なんです。私的に。写真を撮る腕はピカイチなんですけど、ちょっとひねくれたところもある感じ。不器用さが重岡くんに重なるかな?

作品説明が下手過ぎてなんにも伝わないと思うんですけど、読んだらわかってもらえるはず…!

 

 

 

 

 

神山智洋

・作品:阪急電車

    人物:圭一

・作品:秘め事(「ラブコメ今昔」収録)

    人物:手島岳彦

 

阪急電車は以前の記事をご覧ください。

 

秘め事の説明いきます。

陸自パイロットである手島岳彦二尉。合コンやナンパで連敗続きの手島。もちろん彼女はいない。ある日、上官である水田三佐に娘の友達(自衛隊好き)を紹介されたものの、上手くいかなかった。しかし、それがきっかけで上官には言えない秘密ができてしまい…

なんとなく感づく方いると思いますが、ネタバレになるんでね、多くは語りません。

さてどんなとこが神山くんかと言いますと、とりあえず真っ直ぐ!熱血!特に後半の水田との殴り合いが(決してバイオレンスな話ではないんですよ)とっても神山くん。これいうと話の内容まるわかりすぎるんですが言っちゃいますね…みなさん覚えてますか、なにわ侍のレストランレインボー。お題が「花嫁の両親への挨拶(ニュアンス)」だったときの神山さんのイケメンすぎる一言!「どんなに殴られてもそれで娘さんが貰えるならいいです(ニュアンス)」レポが見つからなくてニュアンスばっかりだけど!これと似たようなことを手島が言うんです!それが神山くんに重なって…真っ直ぐなところがとっても神山くんです。読んでもらったらわかるはず!!

追記…ちなみにこの手島、同期仲間に比べてやや背が低く、170はクリアしてるという設定ありです。神山くんですね。完全に神山くんですね。

 

 

 

 

藤井流星

・作品:青い衝撃(「ラブコメ今昔」収録)

    人物:相田紘司

・作品:広報官、走る!(「ラブコメ今昔」収録)

    人物:政屋征夫

・作品:有能な彼女(「クジラの彼」) 

    人物:夏木大和

 

青い衝撃の説明から。

夫がモテて困るんです。主人公の相田公恵の夫である紘司は空自の花形「ブルーインパルス」のパイロット。そんな公恵はある日、見知らぬ美人に勝ち誇ったように微笑まれる。そこから、公恵と紘司の関係を揺るがすようなことが起きていき…

べ、別にブルーだからって流星くんにした訳じゃないですからね!まぁ、ちょっとありますが…すっごくモテるし母性本能くすぐるかんじが流星くんだなと。ナチュラルにキュンとさせてくるし。とか考えてたら濵田くんもいい気がしてきた←

 

続いて広報官、走る!

政屋征夫一等海尉の所属部署は広報室。「広報に必要な適性は女ったらしであること」が持論の上官の稲崎一佐に突然引き抜かれたのだ。ある時、テレビドラマの撮影が決まり、政屋はタイプであるADの鹿野汐里と共に仕事が出来ることに役得を感じるが、撮影には様々な問題が起こり…

ジャニーズでハロプロの時にも似たようなこと書いてると思うんですけど、流星くんは美しすぎる顔のせいで軽いと思われて損してるって役が似合う。政屋がイケメンということは強調されてるわけではないんですが、代わりに「色男」「女ったらし」という称号が邪魔をするんです。友達より上の関係にはなれなくて女友達ばかり増えるあたりが不憫。ちょっと小瀧くんぽさあります。

 

そして有能な彼女。こちらは兄組編で濵田くんの時に紹介した夏木大和です。同一人物です。説明省いちゃいますね笑

こちらは海の底の後日談的なものです。相手が望(のぞみ)ちゃんなのもなかなかいいですよね…のぞむって読んでいいですよ←    望との結婚を悩む夏木の姿が描かれています。もちろんそれだけじゃないですけど!

なぜかわからないけどこっちは流星くんのイメージなのです。とりあえず、読んでみてください。

 

 

 

 

小瀧望

・作品:クジラの彼(「クジラの彼」収録)

    人物:冬原春臣

・作品:植物図鑑

    人物:日下部樹

 

こちらも有能な彼女と同じく、海の底の番外編です。冬原と聡子の恋愛もの。説明は省きます、読んでください←

まーどこが似てるかっていったらまず合コン(出会い)のシーン。聡子は冬原のことを「見てくれが良くてソツがない、自分がモテると確実に知っていそう」と思っています。小瀧望ですね。話術が巧み、ということでちょっと照史くんのエッセンス入ってるかな…それはいいとして。「いきなり泣くのは反則よ!?」ってセリフがあるんですけど…小瀧くん言いそうじゃない?どう?とりあえず読んでください(何回目)クジラの彼は冬原にきゅんきゅんしまくりですから!

 

植物図鑑はね、重岡くんって言いましたけど最初とか後半とか、全体を通したら小瀧くん要素強めかな、と私は思ってます。

甘々なところはすべて小瀧くんに置き換えます。好きだよ、とか言えるところは小瀧くんだなぁと。

 

 

 

 

 

 

後半雑ですみません笑

 

今手元にある本(海の底は別として)しか書けなかったのが悔しいです。シアターはばどかツインだなぁと思って読んでます。あとキケンも好きです。面白い作品がたくさんなのでぜひぜひ有川浩先生の作品読んでください!

共感していただけたら嬉しいなぁ…

もちろん全て私個人の考えなので異論は受け付けます!あと共感も受け付けてます笑

 

あとパッと思いついたのがあるので番外編も書こうと思います。もうしばらくジャニーズ×有川作品にお付き合い願います。

ジャニーズWESTで有川浩作品(兄組編)

えぇー前回に引き続きいきます!

 

 

今回はですね、この本をジャニーズWESTでって感じじゃなくて、このメンバーでこの本のこの登場人物、って感じです。

…意味同じか。

 

 

 

中間淳太

・作品:阪急電車

    人物:征志

・作品:ロールアウト(「クジラの彼」収録)

    人物:高科

阪急電車に関しては前回記事をご覧下さい。

 

ではロールアウトについて軽く説明を。

ロールアウトは航空設計士として務める宮田絵里が主人公の話。航空自衛隊の次世代輸送機について要望を受けるため訪れた基地で起こる絵里のハプニングから始まります。その時の絵里の気持ちを全く気づかないような顔をする高科。話し合いもぶつかり、はじめは高科のことが苦手だった絵里ですが、ふたりは協力して次世代機のために動き始めます。そこで絵里に新たな問題が発生して…

どうなるかはぜひ読んで確かめてください!

なんと言っても高科さんは真面目、生真面目、頭がかたい。そして頭の回転が早い。淳太くんだよね、これ…淳太くんは高科ほど冷血(に見える)ってわけではないですけど通じるところが多い。女子の気持ちを理解しきれてないところとか。けどさらっとかっこいいところとか。スマートって言葉がよく似合う高科さんはぜひ淳太くんにお願いしたい。

 

 

 

 

 

濵田崇裕

・作品:阪急電車

    人物:元婚約者、えっちゃんの彼氏

・作品:海の底

    人物:夏木大和

・作品:国防レンアイ(「クジラの彼」収録)

    人物:伸下雅史

阪急電車に関しては前回記事をご覧下さい。

 

まずは海の底の説明を。今手元にないんでうまく説明できるか心配ですが…

突如横須賀に巨大ザリガニが現れた!?前代未聞の事件の中、夏木大和と冬原春臣は数名の子供たちと潜水艦内に閉じ込められてしまう。年齢も性別もバラバラ、それぞれ問題を抱えた子供たちと2人は無事に生還できるのか…

とりあえずね、海の底はほんとにかっこいいから読むべき。巨大ザリガニが街を襲うとか素っ頓狂な設定だなSF小説か、って思ったあなた!とりあえず読んでみ。ほんとに小説として素晴らしい1冊。ちょっと怖いシーンもあるけど、ぜひ読んでください!

あ、夏木さんのことですね。このお話、夏木派か冬原派かに分かれると思うんですよ。2人ともかっこよくてかっこよくてかっこいいんですね。ほんと手元にないことを恨んでます…上手く説明出来ないんですけど、濵田くんに演じてほしいなぁって思います。まず実写化難しそうだけど。

夏木はちょっと冷たくて感情の表現が下手くそな人だなって感じがします。クールで照れ屋で不器用な人。明るい役が最近多い濵田くんなのでそろそろクールな役を待っています。

 

そして国防レンアイ。タイトル通り自衛官のお話です。

同期の女性隊員は調子に乗ってる。そんな伸下の考え事から物語は始まります。伸下の同期三池舞子も勇名をはせる女性隊員。男性隊員の間では鬼軍曹と呼ばれている。もちろん伸下も同期であるものの三池には頭が上がらず…「明日呑むけど付き合えるわね?」と拒否権のない誘いに部下の手前、文句を言おうとしたものの彼女の腫れた目元に気づいてしまい…

来ました、私的リア恋枠伸下。三池の尻に敷かれてるけど手綱はしっかり握ってるあたりがとても好き。小中くんのチャラさを取り除いた感じ。すごく真面目で一途でかっこいいんです!優しすぎるし目が鋭いし、尻に敷かれても好きでいるあたり濵田くんだよね。

私が一番痺れたのは三池が元カレに絡まれた時、我慢できずに文句を言う場面。三池の言いたかったことを全部ぶつけてくれて、「頼むからあんな男と付き合うなよ」って言うのがかっこよすぎる。仕事に誇りを持ってて、好きな人が馬鹿にされたら許せないってところがかっこいい。濵田くんにぜひ!!

 

 

 

 

桐山照史

・作品:レインツリーの国

    人物:向坂伸行

・作品:海の底

    人物:冬原春臣

 

レインツリーの国は知ってる方も多いかな。

学生時代好きだった本を思い出して調べたことがきっかけで偶然出会った向坂伸行と「ひとみ」。メールでのやりとりで仲良くなり、伸行は2人で会うことを提案します。しかし、ひとみの返事はNO。それでも引き下がらず電話だけでも、というところでひとみが折れます。初めて会ったその日、念願のひとみに会えた伸行ですが、彼女の行動に不満が募りある出来事でついに怒ってしまいます。そこでひとみが隠し通そうとしていたあることが判明して…「伸」と「ひとみ」はどうなっていくのか。

これねー!読めば読むほど桐山照史くんなんですよ!!別に玉森くんが演じたのが悪いとかじゃなくて照史くんすぎるんです。関西弁で関西人らしいノリの良さ。これ、と決めたら引き下がらない熱さ。返事が来なくて悶々とするところ。時折苛立つところ。相手を理解しようとする優しい心をもってるところ。あとくさいセリフもさらりと言うところ。桐山くんですね!(確信)本当は弱いけど周りからみたら強そうに見えるところとかも…

 

そして海の底の冬原春臣。先ほど濵田くんで紹介したお話です。二人の空気と夏木冬原の空気は似てる。同期でお互いを信頼してて、ふざけるところはふざけ、真面目なところは真面目な二人。

冬原は夏木とぱっと見正反対。明るくて人当たりのいいなんでもソツなくこなす器用なタイプ。でも怒らせたら夏木より恐いタイプ。なんとなく照史くんっぽいところもあるかなぁ、と。

 

 

 

 

 

 

いやぁ、ほんとに有川浩さん大好きなんですよ。何作かジャニーズ主演で実写化されているのでいつの日かジャニーズWESTにも有川作品の実写化に携わってほしいなぁなんて希望を抱いています。言霊信じよう。

伸下×濵田崇裕は最高ですよ。

とりあえず大好きな桐濵の演技で大好きな海の底の実写化がみたいな。お願いだからみんな海の底読んで(何回目) 

 

 

次回は年下組!

ジャニーズWESTで阪急電車

みなさん、有川浩さんの「阪急電車」ご存知ですか?

 

とても素敵なお話の短編集なのです。

題名通り、阪急電車が話の軸となっています。

 

私、この本が大大大好きなんです!(唐突)

この本のために阪急電車乗りにいこうかと思うほど好きなんですよ。

 

でね、これを読む時にジャニーズWESTのメンバーに重ねて読むっていう楽しみ方をしてるんですよ←

実写化はされている作品なんですけど、ドラマとかやってほしいなぁなんて思ってます。

 

 

 読んでいただかないとわからない所が多々あると思いますが読んだことある方もない方もこれを読んで楽しんで頂きたい!

ちょっとずつあらすじ的なものもつけるのでなんとなく感じ取っていただけたら幸いです。

(私の文才のなさは大目に見てください)

 

 

 

 

 

まず、西宮北口方面行きー宝塚駅から

 

ここでは図書館通いが趣味の会社員、征志が主人公です。

 

私がこの征志に重ねているのは中間淳太くんです。

 

征志はある日の図書館から帰る際、駅でとある女性を目にします。その女性は征志が1度本の争奪戦で敗れた女性。

悔しくも好みのタイプなので文句を言えない辺りが淳太くんっぽい。

 

そのこともあり、征志は彼女と別の車両を選ぶのですが偶然に偶然が重なって(?)彼女は征志の隣に腰を下ろします。

ここで2人の会話の場面があるのですが、ここの真面目な感じがちょっと淳太くんっぽい。賢い感じが淳太くんだなぁ、と。

 

その彼女が電車を降りる際、

「この次あったとき、いっしょに呑みましょうよ」

という展開になるのですが、向こうからも意識されてたことに気がついて真っ赤になるところがかわいい。淳太くんですね。

ここからの展開とってもかわいいんですが読んでお楽しみください。

読んだことある方はいっしょに語りましょう。

 

折り返し後のお話はさらに淳太くんっぽさ満載です。

彼女の心配をするところとか皮肉なシャレをいうところとかとっても淳太くん感。

 

 

 

 

 続いて宝塚南口駅。

 

このお話の主人公は女の子で相手の方はあまり出てきません。

主人公の翔子が婚約者を友達だと思っていた女性に寝盗られるというなかなかドロドロしたお話になっています。

 

申し訳ないですけど、ここの元婚約者は濵田崇裕くん。

いや、濵田くんがクズい()とかそういう事じゃないんですよ!!

 

翔子がこの元婚約者につける形容詞が「少し頼りないけれど優しい」なんです。

その部分だけで濵田くんになりました。

決して濵田くんがほいほい寝盗られるような男だとは思ってませんのでご安心を!

 

 

 

 

逆瀬川→小林→仁川とだいぶ飛ばしますが…

 

 

続いて甲東園駅

ここでは一駅前の仁川駅で登場するミサが電車内で耳にする女子高生たちの会話が話の主役になっています。

 

電車内で楽しそうに話す女子高生たち。

「なー、えっちゃんの彼氏すっごい年上なんやってー?」という言葉が気になり聞き耳を立てるミサ。少し大人っぽいえっちゃんは5つの差をたった、と言える女の子。

 

さて、このえっちゃんの彼氏が濵田くんです。えー、濵田くん本日2度目の登場です。クレーム受け付けます←

いや、でもね、これ読んだら濵田くんにしか思えないよ!?

 

「たった」5つ年上の彼氏は大卒の社会人2年目。友達が「年上の人は頼りがいがあってしっかりしてる」というイメージを語るとえっちゃんは「うちの彼氏はちゃう!」と否定します。

 

さぁみなさん。ここからが濵田くんです←

 

社会人の彼氏のおバカ具合がなんとも愛しい!

夜中にアイロンがかけられなくて5つ下の彼女に「助けて」と電話。タグがわからない。漢字が読めない。極めつけが彼女に怒られて「今度漢字ドリル買うてくる」

思いっきり濵田くんですね。

 

折り返し後はえっちゃん目線のお話になります。受験勉強に追い詰められたえっちゃんに対して底抜けに優しい彼氏。

みんな早く読んで!濵田くんだと思って読んで!濵田担になるよ!←

 

余談ですが、私はえっちゃんカップルのお話が一番好きです。

「バカだけど優しい彼氏」はえっちゃんのことを大切にするとても素敵な彼氏なのです。

こんな彼氏ほしいなぁと常々思ってます。

 

 

 

続いて門戸厄神駅。

ここでは「服装が軽くパンク」な地方出身彼女いない歴イコール年齢の圭一が主人公。

 

これはちょっと難しいけど神山智洋くんかなぁ。

圭一くん身長大きい設定だからツインとかのほうがいいかなぁとも思ったけど軽くパンクな服装の神山くんみたいんで神山くんで。

 

それだけじゃないですけど。

優しいところとか緊張してちょっと噛んじゃうところとか随所に散らばる圭一の愛らしさは神山くんに通じるところがあると思います。

あとちゃんと自炊してるところとか、彼女いない歴が年齢なのにかっこいいこと言えちゃうところとか。

 

 

 

 

 

最後の門戸厄神駅の部分少なくてごめんなさい。そして3人しか出てきてないのもごめんなさい。

何駅か飛ばしたし、折り返し後のお話書いてないし…お伝えしきれない良さがまだまだ沢山あるのでぜひ読んでください。

 

有川浩さん大好きなんです。共感してくださる方、また別の案がある方がいらっしゃったらぜひ聞きたいなぁ…

 

出てこなかった4人も他の作品で当てはめて読んでいるのでまた書きますね!

 

 

あー有川作品、誰か実写化で出てくれないかなぁ…

一緒に買い出しにいきたいジャニーズ3選

10月突入ですね。もう秋ですね。

でも私、まだ夏に未練があります。

だって夏の恋まだ訪れてないよ?

 

もうこんな思いはもうそうにぶつけるしかない!そうだ、それしかない!!

 

 

そんな思いのおかげで夏っぽさがにじみ出てる話ばっかりですがお付き合い願います。

 

 

 

 

 

①西畑大吾

 

幼馴染大ちゃん。お互い思春期突入で名前呼びになっちゃった。それでも高校もなんだかんだ言いながら同じとこ進んでずるずるその関係引きづる。気づいたらクラスも一緒だし。男女の仲いいグループできたらそこでも一緒だし。そうね、離れられないのね。

その仲良しグループで花火やることになった夏休み。飲み物とか食べ物とか誰も買ってきてないことに気づいてジャンケンで買い出し行く人を決めることに。ジャンケンの結果大ちゃんがいくことに。なのにお前もこいって言われてついていくことに。「なんで?」「荷物持ち係や荷物持ち係!」「はぁー?」

近くのコンビニはいって適当に買い物をすませる。荷物持ち係ってことでついてきたのに結局荷物は全部大ちゃんが持ってくれる。なによ、ついてきてほしいなら素直に言いなさいよ。なんて思いながら店を出ると「ん、」ってアイスを渡される。「ありがと」「俺らの分だけやから向こうつく前に食べ終わって」「はーい。」アイス食べながら歩いてたらなんか懐かしい感じがして「大ちゃん、」って思わず昔の呼び方してしまうよね。それでも「ん?」って優しく返事をしてくれる大ちゃん。呼んだものの何話したらいいかわからなくて「手、繋ぐ?」ってふざけたら「ええで」って言われて逆にあせる。いや、もっとアホか!みたいな反応期待してたのに、って思ってたら手を掴まれて「懐かしいなぁ。」って大ちゃんが呟く。「そうだね。」って言いながら握られた手の大きさにちょっとドキドキしたりする。身長そんなに変らないのにやっぱり男の子だなぁって、恋が芽生えそうだよ。

みんなの所に着くまで手を繋いだままでもちろんいじられる。「こいつが繋ごうって言ってきてん」「違うじゃん!そういうことじゃないじゃんか!」ってケンカになるけど周りはいつものことすぎてはいはいって生温い目で見てる。なんならさっさと付き合えよって思われてる。

 

 

 

 

 

②濵田崇裕

 

濵田くんの家に濵田くんのお友達が集まってる中に呼ばれた付き合いたての彼女。

ずいぶん賑やかな居酒屋状態の家の中。「濵ちゃーん、酒なくなったー!」「冷蔵庫のなかにあるやろ?」「ない!濵ちゃん、買ってきてー」「おい、ここ誰ん家や!」「彼女ちゃんと行ってきたらええやーん」って照史くんあたりと会話してて「もぉーしゃーないな、」って名前呼ばれて「ごめん、買い出しついてきて?」「はーい」一緒に家を出ます。

「ごめんなぁ、うるさい奴らばっかで。」「ううん、面白い人ばっかりで楽しいよ。」「ほんまに?無理せんといてな、酔っ払いばっかやし…」って心配と反省をする濵田くん。「大丈夫だよ、けど、今度は2人の時間もほしいな、」って言ったらいきなりぎゅって手を握られて「濵ちゃん?」「よし、15分間のデート楽しもな。」ちょっと照れて目の合わない濵田くん。この時間がずっと続けばいいのにって思いながら繋がった左手にぎゅっと力を入れる。

 

 

 

 

 

安田章大

 

軽音部の安田先輩。普段は優しくてニコニコしてるのにギター弾き始めたら急に男らしくなる安田先輩のことが好き。他の部員にはバレてるのに本人にはバレてない。

文化祭のステージに向け夏休みも集まって練習する軽音部。「アイス食べたいなぁ」って呟いたら「よし、買いに行くか!」って笑顔で言われて「ちょっと2人でアイス買ってくるわ〜」ってみんなに伝える安田先輩。突然訪れたふたりきりという絶好のシチュエーションに緊張しつつも手を引かれて部室を出る。

手を握りながらどんどん進んでく安田先輩。「いや、あの、先輩、」「ん?」そんな子犬みたいな目で見つめないでください。「あ、手!ごめんな!」気づいて慌てて離す先輩。「大丈夫です!」むしろ嬉しいですって声は心に留めて歩き出す。

無事にアイスを調達してレジ袋を提げた安田先輩と来た道を帰ります。帰ろうと歩きだしたら安田先輩に引き止められて「ちょっと遠回りしてもええ?」って聞かれるから元気よく返事をします。安田先輩とふたりの時間が長くなるなら何時間でも何キロでも遠回りしますよ。

遠回りのおかげで行きよりいろんな話をすることが出来て嬉しくなってると「お前と一緒やと楽しいわ」って安田先輩が微笑む。「え?」先輩、それって期待していいですか?

 

 

 

 

 

みんなから抜け出して2人きりになるっていうシチュエーションが素敵だなって話です。

 

別に買い出しじゃなくてもよくね?って感じがするけど…

 

お祭り抜け出してふたりきりもベタだけど素敵な展開。

少女マンガの読みすぎですかね?

最近ベタな展開が好きです。