読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わらない夢が見たい

ガンボウノカタマリ【@tamayura_no_koi】

帰りを待っていて欲しいジャニーズ5選

家帰ったらジャニがいるとか、さらに帰宅欲が高まる。寄り道せずに帰ろうって思う。

某W誌のさみしがりやのワンコたちみんなかわいかった…みんなまとめてうちの子におなり!!
57匹も買う余裕はないけど君たちのためなら頑張れる気がするよ…(余談ですがリチャの写真もコメントもツボです)(顔がドンピシャなのは朝田くん)(コメントが流石なのは真鳥くん)

余談が長引きそうなのでいきます。




小瀧望

もしかしたらお気づきかもしれませんが関西の人が好きです私。小瀧望が家で待ってて嬉しくない人間とかいるの!?
残業とか飲み会とかそう言った単語をあげるだけで「行くな」って感情が顔にでる望ワンコ。「けど、行かないよ」って言ったらわかりやすく喜ぶ望ワンコ。「ふーん」って言ってるけど尻尾ちぎれそうなくらい振ってる望ワンコ。
けどどうしても外せない用事で遅くなってなおかつ連絡つかなかった時。玄関のドア開けたら廊下に座って待ってる小瀧さん。「ごめん、遅くなっちゃった…」「言うことちゃうやろ!」「あ、ただいま、それからごめん。」「おかえり…」立ち上がって正面から抱きついてくる小瀧さん。靴まだ脱いでないよ。「遅すぎ。」「ごめんね、」「寂しすぎて死ぬところやった…」「待っててくれてありがと。」「ん。」甘えん坊なくせに素直じゃないワンコさんのためにも早く帰ろうと心に誓う。





桐山照史

「ただいまー」玄関開けた途端にいい香りがしてきてバタバタ家に駆け上がって匂いの元へ行く。「ただいま!」「おぅ、おかえり。」「めっちゃいい匂いする〜」「せやろ?」ってニコニコお料理してる桐山さん。「最近頑張ってて疲れてるみたいやから、今日はお前の好きなもん作ってんねん。」「えーなになに?」手元を覗いたらすごく美味しそうな料理たちが…ちょっとだけ、と思って手を伸ばしたら「はいストップー」「えー」捕まります。「働かざる者食うべからず、やで。」「はーい」笑顔で言われるので素直に返事をします。「まず着替えてこい!」「はい!」敬礼してその場を去ったら絶対後ろから笑い声とアホやな〜って声が聞こえてくるんだよ。照史くんのおかげで疲れが吹き飛ぶよ。
夕食の席には缶ビールが2本並ぶよ。




③濵田崇裕

ジャニーズWESTから3人…もういいですって人いたらごめんなさい。濵田くんも素敵だから聞いて!
「ただいま〜」って玄関から声かけたら「はーい」って謎の返事が聞こえてくる。リビングまで行って「ただいま。」「おかえり。」やっとここでおかえりって言ってくれる。それでトントンってソファの横に誘導されて「今日はどうやった?」って特には言わないけど「話したいことあったらいつでも聞くで」って言ってくれてるから嬉しかった事も辛かった事もとりあえず全部吐き出す。「そうかぁ」って飽きもせず全部相槌うって話を聞いてくれる。
時々自分が話し過ぎて困ってないかなと思って「濱ちゃんは話したいことない?」って聞いたら「話するよりお前の話聞いてる方が楽しいから気にせんでええ」って笑顔で言い切ってくれるから好き。




渡辺翔

同居してる彼氏。普段めったに家にいないのに残業になった日に限って家にいる。ご飯一緒に食べる約束もしてる。けど仕事終わってから連絡してないことに気づいて鬼のような某アプリの通知を見て血の気が引く。最後の一言が「もう知らねぇぞ」
これはやばい。焦りながら電車に乗って「ごめん、残業だった」って送るけど既読にならない。相当お怒りだとヒヤヒヤしながら最寄り駅についてどうやって謝ろうか考えながら改札抜けると、見覚えのある姿が。「翔太!」駆け寄ったらスマホから顔上げてとりあえず一言。「遅ぇよ。」ごめんなさい。「待っててくれたの?」「別に。」いや、絶対に待ってたよね。「ご飯は?」「食べてねぇよ、待ってても帰ってこねぇから。」ほら、待ってたんじゃん。その事実が嬉しくてニコニコ見つめてたら照れ始めて「飯行くぞ飯。」って手を引っぱる。「翔太照れてる?」「は?」なんかブツブツ言って「待たせたんだからお前の奢りな?」「安いところね。」そんな感じのカップルになりたい。




阿部亮平

早く帰ってきてとか待ってるよとか決して言わない阿部ちゃん。「言ったらめんどくさいでしょ?」って変な気を使う阿部ちゃん。阿部ちゃんなら全然めんどくさくないし嬉しいよ。
けどある日連絡なしで遅くなったら(連絡なしで遅くなるの好きだな)「仕事?まだかかる?」って珍しく連絡きて。「ごめん、残業!今終わったすぐ帰る!」って送ったらスタンプが返ってくる。
家に着いたらいつも通り待ってるんだけど「ただいま」って声に振り向いた顔は少し寂しそうで、「ごめん、ちょっと心配になって連絡しちゃった。」って微笑む。あーそんな顔しないで阿部ちゃん。ぎゅって抱きついたらビックリした顔一瞬するけどすぐ笑顔で頭撫でてくれる阿部ちゃん。「亮平のことすごく好き、」「俺もだよ。」「…早く帰ってきてって言ってくれたら、もっと早く帰る努力する。」えーって笑う声は多分本気にしてないけど、「もっと重くてもいいよ、亮平なら。」って言ったら本気で照れて「頑張ります…」って真面目に答えるんだ。





なべしょ迎えに来ちゃってるけど…まぁいっか。
WEST3のすの2だけどいっか。

どうか帰ったら待っててくれますように。イケメンが家で「遅い!」って待っててくれる人生はどこに落ちてるんでしょうか。

心で早帰り誓ったって現実そんな甘くないよね←


約8時間起きに1つの記事をおとすのはここまででやめます…きっと