読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わらない夢が見たい

ガンボウノカタマリ【@tamayura_no_koi】

関西Jr.で吹奏楽部をつくったら

この前、ブラスバンド部の演奏を聴いた。(どうでもいいが吹奏楽部ではなくブラスバンド部だった)

うっわぁ、めっちゃかっこいい〜
思わず口に出してしまいそうなくらいサックスソロを吹く男子がめちゃくちゃかっこよかった。


ここで頭をよぎる草間リチャード敬太。




そうじゃん、演奏できる人いるじゃん。




ということで!(前置き長かったですが)
関西ジャニーズJrで吹奏楽部を作ってみよう!!


超個人的な意見でパート分けしました。
この人これ吹けそうというよりはこの楽器が似合う!このパートっぽい性格!的なものが多いです。

私はエセ吹奏楽部員といっても過言ではないくらいの経験しか積んでないのでなにかの知識に基づいているわけではありません。独断と偏見のオンパレードです!暖かい目で見てください。





学年も分けてみました。(50音順)
3年生:朝田淳弥、今江大地、大橋和也、草間リチャード敬太、古謝那伊留、末澤誠也、西畑大吾、林真鳥、藤原丈一郎、正門良規、向井康二室龍太

2年生:赤名竜乃介、石澤晴太郎、大西流星、大谷怜爾、小島健、福井宏志朗、福本大晴、毛利柊和、吉岡廉

1年生:岡佑吏、奥村颯太、川北翔、河下楽、小柴陸、高橋恭平、長尾謙社、道枝駿佑、守屋周斗

選抜、学年の線引きは適当です





ではまず3年生から

・朝田淳弥:パーカッション(ドラム)
パーカスの中でもリズムの鍵を握る役割を担う。

・今江大地:ユーフォニアム
暖かい中音域。ほんわかした優しいユーフォの響きは今江くんに合ってるかなと思います。

・大橋和也:クラリネット
主旋律を担うことが多々ある木管の花形。高音から低音まで幅広い表情をみせる。主張は激しくないけど目立ちたがり屋。

・草間リチャード敬太:テナーサックス
バリバリテナーを吹きならす姿を想像するとめちゃくちゃかっこいい。アルトと悩んだけどテナーがいい。

・古謝那伊留:チューバ
安心と安定のチューバ古謝。しっかり者で芯が強く演奏面でも精神面でもみんなの支え。

・末澤誠也:ホルン
なんだろう、すごく似合う。派手な主張はしないけど意外とソロもあるパート。平和なホルンパートのパートリーダー

・西畑大吾:クラリネット
キラキラの花形だが決してうるさくはない。しっかり者で仕切り役にまわりがち。

林真鳥:フルート
個人的にはクラリネットやってほしいんですけどやっぱりフルートのイメージが強い!

・藤原丈一郎:トランペット
圧倒的花形。一歩まちがうとうるさい。常に喋ってるか吹いてる。よってうるさい。しかし演奏の腕はピカイチなので誰も文句は言えない。

・正門良規:オーボエ
弦楽器弾いてほしいなぁと思ってたんですがオーボエを忘れてました…正門くんはオーボエ!!

向井康二:トランペット
花形だが一歩まちがうとうるさい(2人目) 道枝くんを溺愛しているためクラリネットから無理やり引き抜いた。

室龍太:チューバ
みんなの支え。まとめ役。古謝チューバが支える役なら室チューバは束ねる役。



続いて2年生

・赤名竜乃介:クラリネット
パッと思いついたのがクラリネット。たぶん似合う。ファーストのソロに憧れながらもセカンドが大好き。

・石澤晴太郎:トロンボーン
もう顔がトロンボーン。真鳥先輩に憧れてフルートを志望していたがトロンボーンに配属された。ボーッとしてるときも音程は正確。

・大西流星:アルトサックス
こちらも花形。小さいながらもメロディがんがん吹くタイプ。時々ソプラノサックスもやる。

大谷怜爾バスクラリネット
絶対似合う。バスクラの見た目と大谷くんって合いそう。ちなみに最初はトライアングルが思い浮かんだ。

・小島健:パーカッション
ロングトーンの時とか無心でスネア叩いてる。全然感情こもってないように見える。すっごい謎。

・福井宏志朗:ホルン
ホルンっぽい。柔らかい空気感。優しいだけでなくダメなことはダメと言えるしっかり者。

・福本大晴:トランペット
とりあえず元気でうるさい(3人目)未来のファースト。早くソロがやりたくてしょうがない。

・毛利柊和:パーカッション(ティンパニ)
時には笑顔で時には真剣な顔でティンパニをガンガン打ち鳴らす柊和くん。惚れるしかない。

・吉岡廉:フルート
ごめんね、収まりがよかった。意外とハマりそう。晴太郎に隠れているが密かに真鳥先輩に憧れと尊敬の眼を向けている。




最後は1年生

・岡佑吏:ホルン
ホルンっぽい。ほんわかしてるけど自分の考えはちゃんと持ってる。

・奥村颯太:チューバ
ドンと構えて落ち着いている。時々慌てるけどチューバといたら絶対落ち着いてる。先輩よりも落ち着いている。

・川北翔:クラリネット
目立とうとしてるつもりはないが気づいたら目立ってる。パフォーマンス能力に長けているので定期演奏会などで大活躍。

・河下楽:テナーサックス
最初はアルトを希望するがテナーを吹き始めてからはテナーサックスが一番いい楽器と自信たっぷりで吹くようになる。

・小柴陸:トロンボーン
しっかり者。チューバの室先輩にあたりが強い。先輩が辞めたことで石澤先輩と2人3脚のトロンボーン

・高橋恭平:フルート
演奏中は優雅で美しいのに演奏終わりに譜面台倒して退場したりチューナーをどこかに置き忘れたりする。

・長尾謙社:ユーフォニアム
真面目でおっとり。場の空気を柔らかくするタイプ。

・道枝駿佑:トランペット
向井先輩のお気に入りでトランペットに入った。たぶん希望はクラリネット

・守屋周斗:パーカッション
自分の鳴らしたカウベルの音に笑い出す。タンバリンが似合う。








もうここまでで相当長い!!
30人もいるから当たり前か…

まだ担当楽器とちょっとした情報しか書いてない!
いろいろと書きたいことはある…!!機会があったらまた書きたいなぁ…


ここまで他愛もない妄想に付き合っていただきありがとうございました!